佐久間象川

アクセスカウンタ

zoom RSS 出逢いの問題(1)結婚

<<   作成日時 : 2005/06/01 23:03   >>

トラックバック 2 / コメント 0

人には誰しも、あの時にああしておけば今は、とか、あちらを選んで置いたならばその後の人生は、とか、振返って「悔い」や、「行かざりし道への思い」や、に想いを巡らすことがある。
このような運命を決める分岐点の要素の中で、「人との出逢い」の因子は極めて重要なものである。
人生進路の分岐点での選択が成功であったか失敗であったか、結果が明確な形で判定出来る一つの例は「結婚」である


★私の見るところ、世間の既婚者の中で、今の配偶者を選択したことを
   (a)選択は良い判断だった。 もう一度生まれ変わって人生をやり直すとしても、
      今と同じ相手を選ぶ、と思っているのは、 全体の10%
   (b)気に入らないが、神前で誓約してしまったので諦める。 今生だけは我慢するが、
      次に生まれ変わる時は、間違い(この相手を選ぶこと)は繰り返さない、
       と心に誓って居るのが、 30% 
   (c)大変に後悔しているが、離婚は手続きも面倒だし金も掛かるから出来ない、と考え
       辛うじて破綻寸前を持ちこたえて居るのが、 30% 
   (d)どうにも我慢できないから、   離婚するのが、30%
      といったところ、だと思う。
      但し、(d)以外は統計的な調査に基づいたデータでなく、私の直感である。

★下宿、間借り、等の生活や、先輩宅訪問なども含めて、多くの他人様の家庭内を覗き見た独身時代に(昔は近隣の人間関係が濃密であった)、年長者の男性は独身の私に色々とアドバイスをしてくれた。
結婚相手は「病弱な人だけはいけないよ」と言った人。「大柄な女性は止めなさい」、「仮令美人であっても、ヒステリーだけは選ばないように」「本人が良くても、出来の悪い兄弟の居る人は止めて置きなさい」。
夫々の生活体験から出た真剣な言葉として受け止めたが、私が聞いていて可笑しかったのは全てのケースで、その人の相棒の問題点を云っているのが見え透いたことであった。 「健康が大切」と言う下宿の小父さんの処では小母さんが病弱であった。
人間というものは『自分の経験からしか学ばない』のだと言う事が良く分った。

多くの情報が手に入る現代の方が、見合い結婚の多かった昔よりも離婚率が多い理由の一つは、このためだろう。 
人間にとって大切な事は何かの判断、相手の人がその条件に叶う人かの判断。 これ等を正確に決定するものは情報量の多寡でない。  ある種の能力であるとして、それを知性と言うのか、直観力と言うのか、私には分らないが、「情報摂取量の多さに依ってでは磨かれない種類の能力」である事は分る。
「俺は歴史から学ぶ。経験からしか学ばない人間とは違う」と言ったビスマルク以上の、人類最高の賢人でさえ、駄目である。 ソクラテスの妻クサンチッペとか、孔子の妻、などの悪妻振りを知ると、人間という生き物の限界の一つを見る思いがする。

昔よりも現代の方が離婚率が多い理由の、もう一つは素材(人間)の質の劣化だと思う。
野菜果物などは昔と同じ外観をしていても中味は随分と違うと、よく言われる。 例えばトマトである。 昔と、見てくれは全く同じなのに、その食感が昔とは全く違う。 
同様に人間も昔と内容は随分と変化した。 昔の母親は子供に向かって『お父様の様な人間になりなさい』と言った。 ある時期から世の母親は『お父様のような人間になっては駄目よ』というようになった、
離婚率の高くなったのはその頃からだと思うので、人間の質の変化がその要因の一つであると思う

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
結婚 人間関係 リンク集
会話が異性をひきつけるのは、昔から変わらないようです。会話が人間関係を浴することもしばしばあります。結婚しても人間関係は会話からです。 ...続きを見る
結婚 ナビ
2006/07/26 12:34
「縁」に就いて(3) 京セラ・稲盛氏
人と人との縁に付いて、我々の仲間は、幾つかの記事を書いている。 出会ってはいないがご縁のあった人、相手の名前も知らないが忘れがたい人、の話も含めて、書かずに居られない思いがあるのだ。 人生とは、人との関係の歴史なのだから。 ...続きを見る
佐久間象川
2006/09/02 21:51

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
出逢いの問題(1)結婚 佐久間象川/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる