佐久間象川

アクセスカウンタ

zoom RSS 「マフィア」 へのコメント

<<   作成日時 : 2007/01/08 08:07   >>

トラックバック 3 / コメント 5

新年を迎え、多くのブログでは“明けまして、おめでとう御座います”の記事が見られる。
例の我々仲間のブログには、キャズ君二人のピアニスト君、 R君、 Y君、 R2君、 小坂君、ドジ君、誰のブログにも、それがない。
これは、我々がスネ者で、新春の挨拶を無視乃至は反発しているのではない。
例えば、ピアニストが飯大蔵氏、東郷幹夫氏、他のブログに、
また他の仲間もそれぞれ幾つかのブログに、
コメントの形で新春の挨拶を贈っているのを見て頂けば、分かる事である。

ただ、以前から言っている様に(例えば、 ブログ開設一年を振返り{1} )、我々のブログは一般社会に向けて訴えかけて行くのでなく、自分等の考えをまとめておく事に眼目を於いているが故に、世間一般に向けた新春の挨拶を述べていない、だけである。

上記の私の記事から、抜粋・引用する:
「世間一般では、自分のブログを出来るだけ多くの人に、読んで貰う事を志向しているようであるが、我々の仲間はその辺に無頓着である点も共通している。
他人様にこちらの意見を押付けるのは出来ない事と思っているし、理解されるだけでも、日本人社会で十万人に一人、共感をもって見て下さる方が居れば嬉しいが、その様な人を求めて積極的にアピールを展開する気はない。
勿論、目に付いた他人様のブログにトラックバックを送る事はあるが、それ以上に、ランキングがどうとか、いう話には無関心である。
いわば、人生旅行が終わって神様に出張報告を提出する準備の下書きのような気分で居る」


仲間を代表して、この事を述べておく。
そして、今日の機会を利用して、皆の代りに新春のご挨拶を申し述べる
今回のこの記事も、この事を書くのが目的ではなく、たまたまトーキングマイノリテイ・ブログにコメントを書こうと思ったのが、
考えてみると未だ我々老人が言う「松の内」であるので、序でに、皆の気持を代弁してご挨拶申上げたのである。

 ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

本日の主題はマフィアの話である。
トーキングマイノリテイのブログ記事には、毎度我々の疎い事を教えて頂いて、従来も何度かお礼のコメントを送ったが、今回の「マフィア」の記事:
http://blog.goo.ne.jp/mugi411/e/8a2a80e010c50ac4da12adeda29d08d0
も同様である。

ただ、冒頭に書いたような思いが有るので、コメントの形で入れるのでなく、一つの記事の形にして、世間一般に向けてのご挨拶を兼ね、トラックバックの形でトーキングマイノリテイ・ブログに送る事にした。

私自身も、{ 「カルタゴの旅」補足] }、に書いたようにシチリア島に行っているし、 ピアニスト君も{マジョルカ島] }、に行く前に、シチリアに立寄って島内を見物している。

キャズ君に至っては、1960年代にローマでマフィアに捉って監禁された話を、「ドジな男」、 その他の機会にも書いている。
それにも拘わらず、我々は誰もマフィアに関しては、正直の所、現在までも、良く知らなかった。

キャズ君はローマの事件の後で、北部イタリアの友人達に南部イタリアの悪口を聞き、南仏に入ってからはフランスの友人達にイタリアの悪口を聞き、可也いろいろな話を現地の人々に聴いているが、今回のトーキングマイノリテイ(2007/01/07)の様な話は承知していなかった。

ブログ記事を通じて、この様な知識を供給される事は有難い事である。

良質なブログを作っていらっしゃる方々に、今年も宜しく、とご挨拶申上げる。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
新年明けましておめでとうございます。
 皆さんあけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。 ...続きを見る
飯大蔵の言いたい事
2007/01/08 20:57
サウジと日本の若者
トーキングマイノリテイ・ブログの「サウジアラビアのニート」 http://blog.goo.ne.jp/mugi411/e/49773885092e4a59f01d1df1d2e4c2f8 は、先日のNHKの番組、「クローズアップ現代」の内容紹介と感想を述べたもので、あの番組を見落とした人にはご覧になる事をお勧めした.... ...続きを見る
晩秋
2007/01/11 05:28
Y君の遠州旅行
Y君に付いては何度か紹介しているように、自身のブログを限定公開扱いにしているので、時折、惜しい話が一般に紹介されないのは残念である。 Yは、今月の4/1〜4/2に掛けて地元の老人会のグループ旅行に参加して三保に行き、羽衣の松を見た。 幼少時から彼の父君の謡曲で承知していた羽衣伝説の松が、そして三保の松原が、想像していた以上に立派なのを見て感動したそうである。 ...続きを見る
二人のピアニストに思う
2007/04/08 04:14

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
新年おめでとうございます。TBをありがとうございました。

キャズ様の体験話も拝見させて頂きましたが、実際にマフィアと接したとはすごいですね。
私もマフィアなど本で読んだ程度しか知りませんが(係わり合うのはゴメンです)、連合軍と彼らとの「密約」があった話が面白いと思いました。案外歴史上の戦争の影には犯罪組織が絡んでいるのかも。
mugi
2007/01/08 20:47
本年も宜しくお願いします。
ブログを通じて所信を披瀝し、それに共感する人があってよし、なくてもよし。
コメントを入れてくれる人もいれば電話で意見を伝えてくれる人も居る。ブログを見てもコメントするのが煩わしいと言う人も居るようで、反応はまちまちだがそれで結構。表面上の対応数字を対象としているのではないから。ご意見に同感。
これからも、そのようなことに拘らない現在通りのご意見発表を楽しみにして此の1年。
Alps
2007/01/09 20:00
「お仲間の方々のブログ」を見て、理解されるのが、十万人に一人、は甘過ぎる。 せいぜい、三十万人に一人でしょう。 共感者に至っては、更に少ない。 所詮、人間は独りで生き、独りで死んで行くものです。
でも、こうした発言が、日本社会を動かす力の一億分の一にはなるのです。
マスコミ関係者が、昔と変わって、志を持たず、サラリーマン化した今日此の頃の日本の社会では、ゴマメも歯軋りするだけでなく、力を合わせましょう。
晩秋
2007/01/10 02:11
TBをいただき、有難うございました。
他人様にこちらの意見を押付けようなどという僭越なことは考えませんが、無闇に反発されたり、反対意見を押し付けられ、意見の変更を求められることがあります。確かに、日本人社会で十万人に一人の共感者があればよいという気持ちでない限りブログを書くことはできませんね。
これからもよろしくお願いいたします。


ただこちらの考えを人に押し付けようとは思いませんが、無闇に自分の
こういう考え方もあるのだなという
のはをもって見て下さる方が居れば嬉しいが、その様な人を求めて積極的にアピールを展開する気はない。
世間一般では、自分のブログを出来るだけ多くの人に、読んで貰う事を志向しているようであるが、我々の仲間はその辺に無頓着である点も共通している。
他人様にこちらの意見を押付けるのは出来ない事と思っているし、理解されるだけでも、日本人社会で十万人に一人、共感をもって見て下さる方が居れば嬉しいが、その様な人を求めて積極的にアピールを展開する気はない。
東郷 幹夫
2007/01/13 19:31
TBをいただき、有難うございました。
他人様にこちらの意見を押付けようなどという僭越なことは考えませんが、無闇に反発されたり、反対意見を押し付けられ、意見の変更を求められることがあります。確かに、日本人社会で十万人に一人の共感者があればよいという気持ちでない限りブログを書くことはできませんね。
これからもよろしくお願いいたします。
東郷 幹夫
2007/01/13 19:34

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「マフィア」 へのコメント 佐久間象川/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる