佐久間象川

アクセスカウンタ

zoom RSS 医師不足の原点

<<   作成日時 : 2009/11/02 07:51   >>

トラックバック 12 / コメント 0

民主党鳩山内閣が9/16に発足して未だ一ヶ月半しか経っていないのに、
「政治が、国民のために、動いている」、と感じる毎日が続く。
それと同時に、積年の弊害がこれだけ蓄積しているので、私の身辺社会にも随分と腹立たしい現実が多く存在するが、多忙を極めている現在の政府に向かって、それを訴えるのは遠慮しよう、と考える。
いずれ、当面の緊急事項が一段階したら、これらの身辺で見聞する不合理の是正を要求していきたい。

その意味で、新政権発足後初めての今国会の冒頭の、自民党・谷垣総裁の発言に対して鳩山氏の応えた、
「貴方にそれを言われたくない」
の一言は、共感し、実に気分良く思った。

八ツ場ダムとか、現実の諸問題は全て、数十年間の自民党政治のツケの処理であり、その清算をしている政権の現実的対処の技術的方法論に自民党が文句をつけるのは、外野から見ていても誠に不愉快である。
出来れば直ちに対応して貰いたい問題は多いが、
青少年非行、家庭崩壊、製造業の基礎を支える理系人材の水準低下、総て長期間の自民党政治の結果である。

例えば現在深刻な問題になっている、医師不足だって、
自民党政府が医学部の入学定員を減らしたことが
   原因である。


 ★ ★ ★ ★ ★ 

十年くらいの後には、医師不足がこの様な社会的大問題になるのが、見え見えであり、
普通ならば、大学医学部の入学定員を増やさねばならなかったのに、
1983から1997まで、当時の政府が医学部学生定員を減少し続けた
のは何故か。
開業医の権益を護るため、が目的であった、ではないか。

   :医学部入学定員は、84年度の8280人をピークに
      07年度の7625人まで減少。
      08年度は7793人と増加に転じた。

医師会という強力な自民党支持の圧力団体に迎合して、
開業医の所得に特別な優遇税制を作ったばかりか、

開業許可を、隣接医院と何メートル以上離れていること
      を条件にした、のと同じ目的で、
国内の医師数が増えると、開業医の競争が激化するので
 それを防ぐために、医学部の入学定員を減らした。


医師会と言っても、全ての医師の代弁者ではなく、開業医の利益代表であるので、現在でも勤務医の過酷な状況は放置されている。
医師会の看板に偽りがある、のが既に問題であったが、それにしても、
その無法な要求を呑んで大学医学部の入学定員を減らしたのは、
   自民党・公明党の政権であった。


医師会以外にも利益団体の圧力の結果生じている、様々な現在の社会的困難の手当てに付いて、「貴方には言われたくない」と、私も思う。
谷垣氏は、まず過去の自公政権の誤ちでこの様な現状を招来したことを謝ってから、対応策の提言をするのが筋であろう。

 ★ ★ ★ ★ ★

ここ数日間マスコミを賑わしている、結婚を餌に多額の金をむしり取られた揚句に殺されてしまった多数の男性。
その報道を見るたびに、私が憤りを覚えるのは、殺人犯のことよりも、

これらの無能で何も働きのない男たちが、途方もない大金を持っている社会のおかしさ
、である。


真面目に、懸命に働こうとしても、職が無かったり、収入が乏しくて家族を養えない人が多くいるのに、
被害者であるあれ等、馬鹿で、無能で、何もしていない男たちが、なんであれほどむしり取られるだけの、大金を持つことが出来たのだろう。

サラリーマンの所得には100%確実に税金がかかるが、その百倍の収入のある銀座ホステスは税金を納めないと、嘗て囁かれていた。
しかし、それは少なくとも違法脱税だった。
開業医は合法的に減税されていた点で、ホステスよりも優遇されている。
今回の事件の被害男性たちは、どちらの範疇の人種なのだろう。


 ★ ★ ★ ★ ★

キャズ氏が書いている教育問題だってそうである。:
   ▲ 教育政策にモノ申す(1)
本当は直ちに対応して貰いたい問題である。
麻生マンガ内閣の後始末に追われる今年は無理だろうが、出来れば、来年は対処してもらいたい課題である。
 国家百年のために。

それにしても議場の映像に映る、元総理大臣たちのニヤ付いた顔はどうだろう。
このような連中に国の舵取りを任せて来た、これまでの日本のだらしなさは何だったろう。
日本の民主主義というものの歴史による、とは理解しているが、今後この状況は改善されるのだろうか。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(12件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「あなた方に言われたくない」と私も思う
 この記念すべき日をこの言葉で始めましょう。 「これまで質問をする側でしたが、初めて衆議院本会議で、子ども手当などについて答弁をしました。」 子供手当てでお分かりかもしれません。みずほたんが「福島みずほのどきどき日記」に書いています。写真も載っています。 ...続きを見る
飯大蔵の言いたい事
2009/11/02 22:55
ブログの存在意義
イプサムさんのブログの二つのエントリー、 ?:強制連行の事実と、 ?:生活保護費を削減、 への何人かのコメントに関する話題である。 ...続きを見る
晩秋
2009/11/03 06:16
長妻厚労相に拍手
鳩山内閣が発足して、まだ2カ月経っていないが、次々と国民のための政治が動き始めている。 八ツ場ダムとか、沖縄の基地問題とか、派手な話題の報道に隠れてあまり目立たないが、非常に重要な政治決断が長妻厚労相によってなされたことを、私は大きく評価したい。 ...続きを見る
晩秋
2009/11/03 12:18
腹立たしい「自営医師所得」
前回記事: ★遭難事故の多発(続):[B-129]、 は、    ヤン・デンマンの「東京情報1190号」を、ピアニスト氏に教えられて、    読んだことが動機で、書いた。 その時に、東京情報の「1165号」、「1196号」も、目に付いたので、          今回のエントリー、を入れて置く。 ...続きを見る
佐久間象川
2010/10/04 02:21
医師不足の原点(続)
医師不足については、今までに二度、記事を書いているが    ▲ 医師不足の原点 :[B-102]:[2009/11/2] は良いとして、その補足の意味を持つ記事    ▲ 腹立たしい「自営医師所得」:[B-130] には、書き足りない話(A)、がある一方で、    少し表題から逸脱した話題(B)が入っている。 それで、その続編として、ここに(A)を記述すると同時に、    (B)の部分を、前記事からこちらに移動、する。 ...続きを見る
佐久間象川
2010/10/15 03:48
開業医の高収入
  ▲医師不足の原点 :[B-102] [2009/11/2]   ▲昔のダンスホール(2):[A-32] などの、私等の仲間が書いた「開業医の高収入」    に関するブログ記事に対して、今までに    コメ ... ...続きを見る
晩秋
2010/12/25 02:57
開業医の高収入
我々の仲間のブログで、しばしば開業医の高収入   に関する話題が取上げられているが、恐らく   その種の話題のハシリは、私の      ▲ 「所得番付に思う」:[C-37]   だったと思う。 1979/5/12に新聞コラムに   書いた文章をブログ記事にしたものだった。   新聞は広く読まれる媒体だし、当時は開業医の   友人に対する遠慮などもあって、明確な   具体的データは示さなかった。 ...続きを見る
変人キャズ
2011/02/23 21:53
「お医者様優遇税制」
我々の仲間は以前から、開業医が社会で特権階級的に優遇されていることに不満で、いろいろな機会にそれを訴え、銘々のブログにも書いてきた。 しかし、各種メデイアなどでは一向に取上げなかったのだが、 今週の週刊新潮(10/6号)で珍しく記事になっている。 ...続きを見る
二人のピアニストに思う
2011/10/06 19:11
開業医優遇(新聞切抜残骸)
前回記事:▲ 新聞切抜きの残骸:[B-162],   に含めるべき事項だが、注釈を述べるために、   此処に別記事として紹介する。 ...続きを見る
佐久間象川
2012/01/06 03:58
シューマッハーの予言
白いキツネたちのことを書いている晩秋ブログ: ▲ 終戦秘話と現代(3):[L-104] を読んで、思い出したので、白いキツネ・「尾関修」氏    のことを紹介する。 私が今迄知らなかった、この人物のことを知ったのは、 「シューマッハーの予言」、という標題のコラムを、      9/24日の毎日新聞で読んでである。 標題で誤解されると困るが本記事は、今年一月頃に書いた   経済学のお勉強の話に書き足しをするのが目的ではない。 まずその新聞コラムの概略を紹介する: ...続きを見る
変人キャズ
2012/09/30 15:58
「加湿器の事故」を見て
晩秋氏のブログが久しぶりに更新された。 その記事:    ▲ 加湿器が火元の事故に思う:[L-106] [13/02/27] の要約をすると、以下のとおりである: ...続きを見る
佐久間象川
2013/02/28 05:22
日本民族の劣化(2)
総合病院Sにしても、A総合病院にしても、医師のレベルの悪さは酷いものがある。 例外的な存在かもしれないが、その様な存在を許すことが問題である。 北海道で列車が脱線・転覆したことよりも、その様な事態を生じる組織が許されてきたことが問題である、のと同じだ。       ★ ★ ★ ★ ★ ★ 前回記事、▲[C-319]: 日本民族の劣化(1) に書いた、昔は居なかったこのような医師を作ったのは、    ▲[B-102] : 医師不足の原点 ::[2009/11/2]     ▲[B... ...続きを見る
変人キャズ
2013/10/06 14:28

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
医師不足の原点 佐久間象川/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる