「人間の評価」に就いて(3)名を惜しんだ人

叙勲制度は人民の平等に反すると言って法案に反対して、国会で法案の成立を潰した社会党の代議士達の殆どが、その後、生存者叙勲を受けた
と、前回の記事に書いたところ、若い人に「そんな話は知らぬ」と質問を受けたので、此処に補足を付け加えておく。

★生存者叙勲は[国の発展に寄与し、公共の福祉に尽くした功労者の顕彰]を目的として、1964春から始まったが、社会党の反対で政府は法案を提出できず、閣議決定の形で決めた。

いざ実施してみると、この制度に反対の筈の社会党議員も、1996春までに171人もの多数が受賞した。
当時の社会党の行動は、論理、信念、思想に拠るのではなく、パフォーマンス、無節操であったが、 それは現在の誰かさんも同じだから、 日本で有権者の票を大量に集めるためには、有効な方法かも知れない。


★然し、社会党議員でも、叙勲の話を持ち掛けられたが辞退した人も居た。
議員の叙勲辞退者は、河上丈太郎、浅沼稲次郎、鈴木茂三郎、成田知巳、党員以外では太田薫、岩井章、が辞退している。
この人達の名前を伝える事が大切だと思うので、この記事を書いた。



与謝野鉄幹の「人を恋うる歌」を、昔の若者は熱情を籠めて良く歌ったものだが、その歌詞の2番は次の様であった。

  :恋の命を たずぬれば     名を惜しむかな 男ゆえ
    友の情けを たずぬれば     義のあるところ 火をも踏む

私等の年代の者は、この、「名を惜しむ」、という志を無上に尊く思う。  思想信条の相違を別として、 この社会党の叙勲辞退者の名前を書き残すのである。



自身の叙勲受賞とは別に、仲間の叙勲の祝賀に参列するのも同罪である。 例えば山口鶴男勲一等旭日大綬章・受賞記念パーテイには、同じく社会党の指導者で、生存者叙勲反対を山口と一緒に主張した、村山、土居、槙枝といった人人も参加していたことを書いて置く。


この山口という人物が、勲一等旭日大綬章を獲得するのにどの様な地下運動をしたかは、当時話題になったが、村山、土居、槙枝の面々が、その山口の受賞祝賀に参加したことは、皆が同一の価値観を持って居た証である。

土井は後に、「駄目なモノは駄目」という言葉で有名になったが、我国で高位の叙勲を受ける人の言葉とは、この程度のものらしい。
 若い人には、是非とも記憶に留めて置いて頂きたい。



幕末に攘夷を主張し、佐久間象山らの開国派を襲撃し殺した連中が、明治政府高官に成り、気楽に主張を変えて開国したのに良く似ている話である。


こういうメンタリテイであるから、前回の記事に書いた杉原千畝氏の処遇のような事が起るし、湾岸戦争の時には、日本は1兆7千億円も拠出しながら、戦争終結後にクエート大使館が米国の新聞に寄与国への感謝広告を出した時に、日本の名は無かったような始末になる。

{蛇足註:生存者叙勲は「駄目」でも、自分が貰うのは望ましい。  開国は「駄目」だが、自分が行なうのは良い。  米国の原爆は人類に危険で「駄目」だが、ソ連の原爆は平和の為に好ましい、という主張をするメンタリテイのこと}


★間も無く来る3月30日はゴッホの誕生日である。 傑物の生前には、周辺の凡人が変人・狂人扱いをし、黒い羊(はみ出し者)の評価を与えていても、歴史の流れの中で評価を修正するのが文化国家である。

我国では、「名を惜しまない」人々に最高位の叙勲が行なわれる一方で、前々回紹介した真田信濃守幸貫にしても、小栗豊後守にしても、ゴッホよりも半世紀も前の事跡に対して、正当な評価を与えずに忘れ去られている。
我国の前途は暗澹たるものである。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 元社会党のプリンス民主党赤松議員違法献金

    Excerpt:  思い当たる会社が何社かありますが、金額の多寡の問題ではないですね。 発表を昨日にしたのは、千葉七区の補選への影響を考えたのでしょうが、今更でも詳細を明らかにすべきじゃないの? 赤松氏は「人権上の.. Weblog: 溶解する日本 racked: 2006-04-27 03:52
  • 人間の評価に就いて(4)

    Excerpt: この「人間の評価」シリーズを書き始めた途中で、他用を生じて中断しているが、この問題の関係で、不十分な記述であっても一応メモを残して置かねばならぬことが生じた。 後に記述に手入れするとしても、日時の関係.. Weblog: 佐久間象川 racked: 2006-05-05 04:24
  • 「縁」に就いて(5) 金子智一、佐藤嘉尚

    Excerpt: ★前回の中山正男の記事で、中山氏の義弟という事で、少しだけ触れた金子智一氏に付いては、伝記本があるので、その事跡を詳細に知ることが出来る。 2003年末に平凡社から出版された、 「歩々清風、金子智.. Weblog: 佐久間象川 racked: 2006-10-05 03:29
  • 人間の評価に付いて(6)秋の叙勲

    Excerpt: 本日2006/11/03、秋の叙勲(4028人)が発表された。 今回の最上位の桐花大綬章の受賞者は、元経団連会長平岩外四氏(92)であって、授賞理由は、「産業経済の発展等に貢献」、となっている。 Weblog: 佐久間象川 racked: 2006-11-05 05:31
  • 「美しい国」を作るための提案(5)

    Excerpt: 「美しい国」を作るための提案(5)      叙勲の話[b] Weblog: 変人キャズ racked: 2007-05-26 07:23
  • 秋の叙勲に思う

    Excerpt: 恒例の通り、本日、文化の日に、秋の叙勲が発表された。 佐久間先輩は春秋の叙勲にかなり拘っていて、 今迄にそのブログに、関連記事を幾つか書いてきた: Weblog: 変人キャズ racked: 2007-11-03 15:11
  • 2008秋の叙勲を見て

    Excerpt: 毎年、11月3日の新聞には秋の叙勲のニュースが載る。  その記事は年々小さくなり、目立たなくなって、今年は新聞に依っては一面の記事目録にも載っていない有様である。 我々の仲間は政府の行なう授賞、叙.. Weblog: 変人キャズ racked: 2008-11-03 08:47
  • 2009春の叙勲を見て

    Excerpt: 我々の仲間は、政府の行なう授賞、叙勲などの現実には大層不信を、持っている。 その為に、今までに仲間たちはその関連記事をかなり書いている。 文末に、仲間の今までに書いた、関連記事のリストを、 キャ.. Weblog: 佐久間象川 racked: 2009-04-30 02:11
  • 現政権と、2010春の叙勲

    Excerpt: 半年前に政権交代が行われて、半世紀に亘る政財官もたれ合いが   改革される、と期待された。  行政にメスが入るようになり、   行政刷新会議が、独立行政法人を対象にする、「事業仕分け」     .. Weblog: 佐久間象川 racked: 2010-05-06 17:39
  • 2010秋の叙勲と褒章(3)

    Excerpt: 今秋はノーベル化学賞の嬉しい話題があったので、その記事を    書きたいと思ったが、どうせ近日中に叙勲の発表が    あるので、それを纏めて「叙勲と褒章」のテーマで    一連の記事、にする予定.. Weblog: 佐久間象川 racked: 2010-11-05 19:08
  • 与謝野氏への迂回献金

    Excerpt: 与謝野馨財務・金融・経済財政担当大臣が、民主党の前代表・小沢氏と全く同様の手口の迂回献金を受けていたことが、明らかにされた。 2009/6/24の衆議院決算行政監視委員会で、民主党の横光克彦委員らの.. Weblog: 変人キャズ racked: 2011-06-05 03:12