佐久間象川

アクセスカウンタ

zoom RSS ブログ開設一年を振返り、{4}NHK問題:(2)

<<   作成日時 : 2006/04/19 19:14   >>

トラックバック 8 / コメント 1

2006/04/19 の朝、ふとテレビの電源を入れると、
           生活ホットモーニング、をやっていた。
例の[B-34]: ブログ開設一年を振返り{3}、NHK問題:(1)、の中で
   引き合いに出した、 あのNHKの番組である。   しかも、
   テーマが「日本語力を磨く」。 悪い冗談である

然し、放送の中に、更に悪い、悪い冗談、があった。
   これでは、私のブログの入力計画を変えてでも、
  本日の記事として入れなければならない、と考えた。{文末・補注、参照}

★  本日の放送中でも、アナウンサーが,「てにをは」,を間違えている番組
      なのに、 テーマが「日本語力を磨く」とは、 悪い冗談である。
  然し、更に悪い悪い冗談、 と私が憤慨したのは 
      「青田買い」、と「青田刈り」、はどれが正しいか。
      その意味を知っているか
    という問題である。
「盗人猛々しい」とは、どういう意味か知っているか、NHKに問いたい。


週間ポスト 05/3/11 号に、
    NHKによる、余りに言語道断な「青田買い」
       の話が紹介されていた。


それをどう思っているのかを、NHKに問い質したい。
   単に、単語の意味を知っているか、
     という問題、 としてでなく。


 ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

週間ポストの話をかいつまんで紹介する。

 ・ ・ ・ ポロポロと暴露される。 職員による取材経費の
   水増し請求などの実話、 政治家、公務員、そのほか関係者
   に贈る贈呈品の大盤振舞いぶり、が精細に暴露されている。
   数万円の文具、アクセサリー等が、気前良くばら撒かれる状況、
   の話も腹立たしいが、本日は、その部分は省略する。 ・ ・ ・

本日は、経理事務のいい加減さにも絡む、
     NHKの青田刈り (ではなく、青田買い)
          の話である。


★バブル景気真っ只中の91年、優秀な技術系学生を輩出する
  某有名理工系国立大学、D大学のB学科では300名の
  卒業予定者に対して、大小併せて4000社からの求人が殺到した。
各社の希望採用人数は、数十乃至数百名、と言うよりも、
    {人数を明示せずに(多ければ多いほど良い)
        と書いてくる企業も多かったそうだから}、
  実質求人数は卒業予定者数の数千倍だった。
このため同大学は、学生が秩序ある就職活動を出来るようにと、
   大学の推薦状なしには、採用手続きを進めないことを、企業に求めた。

昨今の就職事情から見ると、夢の様な話であるが、
   たった十数年前の、売り手市場の当時は、 卒業一年位前の
   D大学学生が、  会社に内々定の就職予約をして、
   企業から海外旅行をさせて貰うことは、半分常識であった。
各学生が、その内々定を大体10社位は確保、しているのが普通だから、
   企業側としては、内々定どころか、内定を約束しても、決定を出してさえも、
   入社の日に、本人が出社して来るかどうかは、分からないのであった。

内々定を与えた学生の海外旅行費用は、企業から見れば保険金のような
   意味があったが、 不誠実な学生の中には、A社から貰った金で
   北海道旅行に行き、B社に金を出させて九州周遊を愉しむ、
   といった剛の者も居た。


★この様な不信義な非教育的風潮を憂いた、D大学B学科の
   就職活動を担当したY教授は、前記の様に、
   学生が秩序ある就職活動を出来るようにと
   大学の推薦状なしには採用手続きを進めないことを、企業に求めた。

それに対して、日本中の超大企業から個人商店に近い経営形態
   までを含めて、また大小の海外外企業も含めて、
  求人に来学した4000社の全ての企業は
   これを受け入れて、その約束を守った


当時の文部省の就職協定などは、有名無実も良い所で、
   4000社の中で、 守っているところはなかった、であろうが、
   それにしても、「囚人のジレンマ」、の様に、
   信義を守り、世の秩序を保つことは、
   会社にとっても、悪い事ではなかったろうと思う。


ただ一社、その時に、その協定を破り、
  事前に学生のヤミ採用を行なったのが、
  NHKであった。

NHKは、(青田買い)、をした。
人間の信頼関係を、此処まで踏みにじるのは、
   流石にNHKである


 ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★


★Y教授がNHKに抗議の電話を入れると、
  人事担当者は、「今どき、そんな綺麗ごとを言っていたら
             新卒は取れないよ」、  と言って、
    小馬鹿にした口調で、 けんもほろろであった,という。
  ところが、このY教授は実は、別なペンネームで、全国紙である某新聞の
  コラムを連続執筆して居る人物で、そのコラムが影響力が有って、
  そこで指摘された話題で騒ぎが有ったことなどが、
  何処かから、NHKの知るところ、となった節がある


ある日、突然に、前回とは打って変わった
  丁重な電話が入り、NHKの担当者二人が大学を訪れて、
『穏便に願います』、と言って分厚い封筒を差し出した。


当時、大学を訪問する企業は、図書券やビール券などの
                   金券を持参する事が多く、
   Y教授は、封筒の厚みで、金額を見積もる事ができた。
   封筒の大きさからいって、現金でなく、
            商品券300万円以上の内容だ、
     と教授は見て取った。

Y教授はルポライターに言う。 勿論、全部突っ返して、
   封筒の内容を見ていないので、断言は出来ないが、
   口封じに金券を差し出す、  という行為自体に
   怒りを覚えました、と


★商品券、ビール券のような換金可能な金券は、極めて匿名性が高く、
   民間企業で総会屋対策に使われたり、政治家や監督官庁に
   ヤミ献金代わりに上納されたり、した事は知られているが、
   この週刊誌の取材者は、NHKに質問し、回答を拒否された。

以上が、週間ポスト 05/3/11 号に載った話の概要である。


 ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

Y教授は突っ返す前に一旦封筒を開いて、内容を確認してないから
   断言できない、と言うが、私には別の経緯から、
   これは、非常に有り得る話だと信ずる理由、がある。
   それは、友人のC君が、ある公的委員会の委員であった時に、
   当時その委員会メンバーであったNHK幹部から聞いた話
を、
   又聞きしたことを憶えているからである。

 ▲それによると、(当時は未だNHK聴取料不払い運動等が起こるよりも
   ずっと昔の話であるが、既に)、 聴取料不払が、
      相当大きな数字である、 との事だったので驚いた。
   この話が事実であったことは、昨年証明された。

 ▲その話と同時に、その時もう一つ聞いた話だが、
   国会議員でNHK予算審議に関わる立場の議員は、金が欲しくなると、
   NHKに不都合な法案を準備する素振りを見せるのだそうだ。
   するとNHKからは「何卒宜しく」と言って、何がしかの金券を届ける、
                  議員は法案の話を止める、
   という事が良く行なわれる、との話を聞いた。

 ▲現在でも国会で、NHK予算の審議には、共産党以外の会派の議員は
   全員賛成し、野党からも反対は出ない。
   これも、その辺にり仕掛けがあるのだろうと、私は勘繰っている。
   そして、Y教授に対応した手段は、
      NHKにとって手馴れた遣り口
、だったのだ、と考えるのだ。

「青田買い」でも「青田刈り」でも、そんな事よりも、
「盗人猛々しい」、とは、どういう意味か知っているか、NHKに問いたい。



 ★ ★ ★ ★ ★ ★  補注 ★ ★ ★ ★ ★ ★

私の本来の予定では、{ブログ開設一年を振返り、(4)}の内容は、
   丁度一年ほど前に、ブログを始めた頃の仲間のブログ記事で、
   良く世間一般で論議の対象になっていたテーマに触れたものを
   集めて見てみよう、ということであった。
予定していたテーマには、メデイアを巡る諸問題があった。
   当時のNHKの問題では、視聴料不払いの問題が中心にあり、
   税金にも近い形での聴取料を支払うに価する存在かどうか、
   という議論も有った。
   この問題に触れたものを集めて見たのが、次のリストである。
_______________________________________________
◎[A-1] [2005/3/8]:  フジ子ヘミングの記事を見て
◎[A-2] [2005/3/17]: 海老ジョンイルだけでないNHKの体質
◎[B-2]:[2005/04/07] 「NHKらしさ」
◎[B-3]:[2005/04/08 ] 「NHKの体質」
◎[B-6] :[2005/05/03] 福知山線・列車事故の原因@
◎[B-26] [2006/1/9]:   性悪説論者の弁(3)
◎[C-24]:[1978/?/?][2005/7/19]  「研究環境」
◎[C-47]:[1979/9/29][2005/8/12] 「トラと評論家」
◎[C-111]:[2005/12/24]:  耐震強度偽装問題
_______________________________________________
ブロガーの氏名は、シリーズ名でお分かりだと思う。
例に依って、R君、Y君のものが含まれて居ないのが残念である。
([B-33]: ブログ開設一年を振返り{2}

この各エントリーの概略の紹介を用意し始めた所に、
     今朝の生活ホットモーニングである。
急遽、内容を変更した次第。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(8件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
若林亜紀氏の記事
週刊新潮:2006/4/27号に、若林亜紀氏の書いた文科省批判の記事が載っている。  私はこれを読んで、大層嬉しく思った。 理由は二つ有る。 ...続きを見る
変人キャズ
2006/04/23 04:08
またもNHKの問題
昨日のNHKのTVニュース番組では、“赤福”の表示問題が、一日中繰返し放映されていた。和菓子の賞味期限の表示に問題がある、との内容である。 確かに日本中にその名が知られている伊勢の“赤福餅”であるから、ニュースであることに間違いはない。 しかし、その問題と言うのが、腐敗したもの、毒性のあるものを販売した、というのでなく、賞味期限の表示に不正確さがあった、というだけのことである。 ...続きを見る
佐久間象川
2007/10/13 06:30
責任者の謝罪とは?
今月上旬に、「年金記録漏れ問題検証委員会」が、最終報告書を纏めた。 ...続きを見る
変人キャズ
2007/11/11 18:34
またまた、NHKの問題
昨年 (2007/10/13)に▲「またもNHKの問題」 の記事を書いて、NHK批判をしたのだが、体質というものは変わらないもので、またまた問題を起こして、今回は流石に会長も辞任した。 ...続きを見る
佐久間象川
2008/01/23 06:53
教員も、毎日新聞も、NHKも、同根
2008/07/24の午前0時26分頃、東北地方でM6.8の強い地震があり、岩手、青森などを中心に震度6強の揺れが観測されて、一日中、ラジオ、テレビ、新聞は状況報道に終始した。 ...続きを見る
佐久間象川
2008/07/27 11:33
NHKと小泉元首相
9/26の朝のことである。  毎日新聞には、前夜引退を表明した小泉元首相の記事が載っていた。   そしてNHKテレビでは、「生活ホット」という番組に今日のゲストの五木寛之を迎えていた。 ...続きを見る
変人キャズ
2009/11/22 19:51
60年前の回想(1)
60年前の1950年、の春に、大学を卒業した私らは    大変な就職難の年で、クラス中の殆ど全員が    職もないままに、    社会に放り出された。 ...続きを見る
変人キャズ
2010/04/01 09:07
「加湿器の事故」を見て
晩秋氏のブログが久しぶりに更新された。 その記事:    ▲ 加湿器が火元の事故に思う:[L-106] [13/02/27] の要約をすると、以下のとおりである: ...続きを見る
佐久間象川
2013/02/28 05:22

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
明日発売の週刊新潮に、「わが子は私立」の関連記事を書きました。ありがとうございました。
若林亜紀(ジャーナリスト)
2006/04/19 22:22

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ブログ開設一年を振返り、{4}NHK問題:(2) 佐久間象川/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる