人間の評価に就いて(4)春の叙勲

この「人間の評価」シリーズを書き始めた途中で、他用を生じて中断しているが、この問題の関係で、不完全な記述であっても一応メモを残して置かねばならぬことが生じた。 後に記述に手入れするとしても、日時の関係でメモだけを、差し当って残すことにする。

4月29日付けで政府は春の叙勲受章者4047人を発表した。
叙勲は大綬章から始って、以下、重光賞、中受賞、双光賞、単光賞、の名称の上に、桐花の付くもの、旭日の付くものと、瑞宝の付くもの、といろいろ有って、どれが偉いのかどうなのか、こういう事に無縁のこちとらは良く分からない。
兎も角、人数が少なくて、民間人が居ないいのが偉いのだろうから、その心算で見ると、最上位の桐花大綬章は一人、旭日大綬章が(日本人6人、外国人4人)、である。

処で、その最上位の桐花大綬章の受賞者が村山富市氏であることに、私はこだわらずに居られない。
一体誰がこの様な決定をし、また、本人はどの様な気持で叙勲を受けるのであろうか


前回、[B-30]:「人間の評価」に就いて(3) 、に書いたように、
「叙勲制度は人民の平等に反すると言って法案に反対して、国会で法案の成立を阻止した社会党の代議士達の殆ど全員が、その後、生存者叙勲を受けた」
ことに、私は深い憤りを覚えた。

そこで、候補者として打診を受けても叙勲を辞退した、ごく少数の例外的な元社会党代議士、の名前を、あのブログ記事の中で、記録に残したのであった。
あの記事を書いた時に、「駄目なモノはダメ」であった筈のオバサンも、モノに依ってはダメでないと考える事は分かっていた。
  だが、村山氏叙勲、は幾らなんでも酷過ぎる。



村山富市の名前で私が先ず思い出すのは、阪神大震災の時に、彼の判断ミスで何万人の人命が失われたか、という事である。
これは叙勲制度に反対した、等といったレベルの問題ではない。 例えば、小沢なり、石原なりが首相だったら、助かった命である。
阪神大震災の時に、首相の座にあった彼が海外からの緊急援助を断り、被災地への救助隊の通行を確保しなかった為に、死なずに済んだ筈の人が、どの様な思いで死んで行ったか


この叙勲の発表の日に、叙勲者を伝える新聞の同じ紙面に、米国大統領が拉致被害者家族の横田さんと、面会した事が写真入りで報道されていた。
そして、思い出すのは、金正日が拉致を認めた後までも、社民党は「拉致などという事実は存在しない」、とホームページで主張し続けていたことである。(嘗て、村山が党首であった党が、こうだから、彼が拉致被害者救出に反対なのは勿論だ)

この様な叙勲対象者選定(「人間の評価」)をする官僚の在り方に「またか」と思わずに居られない。

そして、毎度口癖の様に言うことだが、それを指摘しない日本のメデイア人種に失望、などというのでなく、心からの憤りを覚える。

この記事へのコメント

イプサム
2006年05月07日 00:19
この村山氏の叙勲については
驚きを通り越して怒りさえ
覚えます。
へのへのもへじ
2006年05月12日 02:21
佐久間先生、イブサムさんへ。
暫くの間、此処を使わせて頂着ます。コメントしか使えません。宜しく。一休みします。
へのへのもへじ
2006年05月12日 08:33
重要な書き込みのすべてを抹消されました。過去には本文・公開規制の気配はあったが、全て抹消は無かった。如何に今回の書き込みが、危険な書き込みと判断されたかのバロメーターでもあると認識されて良いと御判断願います。書き込みは【プロジェクト・一休】のアイデア・特許関連に関するもの。<新機能・内燃機関=特殊・ジーゼルエンジン開発>に関する書き込みです。私は貧乏人。新しいアイデアを金にしたくとも、特許申請の費用さえありません。しかし、今回の懸案は、大事な隠し事案の一つでしたが、ブログ書き込みが不能な状況に追い込まれた事により、起死回生の一打を打ち込む事で逆転を図る意図を決意し公開に踏み切りました。書き込み抹消が出来る条件は、説明を要しません。BIG・ブログ管理。之が公然と私に対し宣戦布告をして来たと解釈しています。断固対抗します。今回の書き込み抹消は、公序良俗に反していない。日本国民の良識に従い、当然の発言権を行使し、公開の場でその価値判断を国民に問うとしただけの事。もって、ゲリラ戦で対抗するものとします。
へのへのもへじ
2006年05月12日 08:34
特許の範囲に関する主要な要点。
【内燃機関は空気と燃料ガスを圧縮し燃焼させ回転エネルギーに変える。空気は21%が酸素。残りが燃焼に無関係の、CO2・窒素・その他。そこで排気ガスの内、4/5をリサイクルし1/5を捨てる。そしてリサイクル排気ガスに酸素を補填する】之が基本特許の趣旨。つまり、実用新案特許の範囲程度のアイデアです。
しかし、之は軍事産業に取って大きな意味を持ちます。結論は如何なる環境下でもエンジンが使用出来るという非常に大きな利点を持ちます。
1> 液体酸素と石油燃料が在れば<海中・宇宙・成層圏>でも長時間に渡ってエンジン動力が使用出来る=【一例・原子力潜水艦で無くも長時間浮上せずに、潜行した侭航続潜行・無人潜行が可能】この結果は非常に安価な長距離・無人潜水艦・魚雷等の開発、
2> 応用技術で、ICBMに変わる、即ち、海中ICBMも可能の筈。
へのへのもへじ
2006年05月12日 08:35
3> 成層圏を自在に移動出来る動力源になる。=成層圏・気球衛星基地構想か可能になる
何故なら、成層圏スペース・シャトル構想が可能になり、成層圏基地の維持管理が可能となって、成層圏に武器・弾薬を保管。又は、成層圏基地の浮揚ガス【ヘリウムガス】コントロールに太陽電池・バッテリーの必要性が無くなり、且つ、即時運転機能が生かされる。結論は任意に上昇・下降のコントロールが可能です。
  【前記同様、成層圏ICBMも又、転用可能と考えられます】
4> 結論は、世界の軍事戦略が大きく変わる可能性と、成層圏ウオーズの時代が想定可能。
つまり、日本海に<中韓朝・露>の戦艦・潜水艦は、航海不能を確定させ、同時に航空戦闘機も進入不可とする事が可能です。日本と戦争が出来ない軍事的有利を確定。
へのへのもへじ
2006年05月12日 08:36
其れではこのエンジン開発の問題点と可能性に付いて説明します。
5> 問題の最大点は不完全燃焼による、COガス<一酸化炭素>です。之を完全排除しなければ成りません。之はジーゼル機関の2次燃焼機能を応用すれば解決可能でしょう。
何故なら、COガスは早期着火・ノッキングの最大原因で回転障害の重要ポイント。
6> 酸素とリサイクル排気ガスとの混合は、現在、救急隊が使用する、酸素ボンベからの吸気機構で、O2を21%に調整出来る技術的な基本問題は既に解決済みと考えます。その他、COガス・O2ガス検出・検査機器も開発済み。
7> 【5・6】の条件が在って、日本のナノ製造技術が在れば、開発に時間を要しません。
理想的には、星型エンジン【ゼロ戦・等に使用されたエンジンパターン】であれば、潜水艦・魚雷等の円形機構に優位な構造とする事が出来ます。当然の事ながら、エンジンの運転時間は、燃料油&酸素ボンベ内容量で、運転機能が限定されます。
へのへのもへじ
2006年05月12日 08:37
次に、この関連の書き込みで重要な書き込みは以下の内容となります。
8> 本件アイデア・特許権は一件契約で、5億円にて売却する。1億は私が頂く。
残りの4億は、安部・中川・麻生の3氏。及び自民党右派の4者に一億ずつ個人献金。
9> 特許使用料は関連企業・関連事業の総売上の内、2%を前記4者に定期的献金する事。
今後10~15年は、日本の将来を決める重要な時期に当たる。これ等4者は政治資金に不明朗な部分が在ってはならない。この為の政治資金とすべきと考える。

5億と言う金額は妥当か否かで在るが、このエンジン開発に関連する事業の大半は軍事産業です。其れ以外に考えられる事は、観光開発・海運事業としての、【成層圏旅行・成層圏24時間の旅】【海中散歩の海の世界鑑賞】【海運業界の潜水艦志向=潜水タンカー等】であって、非常に特殊な用途開発部門にしか応用出来ない技術と考えたれます。
へのへのもへじ
2006年05月12日 08:37
しかし、このエンジンが開発出来れば、先に書き込みとした、日本海ジーグフリード戦略構想と連動する時、この開発によるエンジンを搭載した・無人潜水艦・魚雷【=長距離】は日本海をニラミ、日本海に<中韓朝・露>の戦艦・潜水艦は、航海不能を確定させ、空の侵入も不可能。逆に日本の自衛隊は、【日米豪軍事協力】が存在する限り、世界の空と海を制圧する事になります。南・北朝鮮が如何に足掻いても日本の軍事力には対抗出来ない現実を構築出来ます。無論、竹島問題・東シナ海ガス田問題・北方領土問題等は力ずくの外交が展開可能です。
近年、米国は南朝鮮に対し、急速に離脱政策を打ち出し、此処にきて北朝鮮に強行路線に転換している事実は、日本の開発して成層圏気球技術が軍事転用可能と見極めが付いたからと認識しています。<脳・無ヒョン体制・太陽政策>の南の軍事基地は最早、無用の無駄飯食いの存在でしか在りえない。竹島は軍事力で奪還可能です。慌てた<脳・無ヒョン体制>が米国に擦り寄って見たが、軽くイナサレ、逆に北に媚を表明し、北のミサイルを利用して日本に脅しをかけようと考える。慌てているのは、日本の<中韓朝・E>の関係者も同じ。
へのへのもへじ
2006年05月12日 08:38
この私のアイデア・提起が表面に出れば、不可能な夢物語でない事は、少しエンジン技術に精通した技術者なら、理解可能。しかも安価な新兵器の開発構想です。其れだけにもし之を実現できないとする対応を防衛庁が取れば、日本国民の総攻撃に晒される。
しかも、特許料と言う、公明正大な献金が特定部門に集中可能な書き込みを公然公開されては、不都合と考えた書き込み消去である事は厳然たる事実でしょう。
本件書き込みを確認された方は、以下の関係機関に調査をお願いできれば幸甚です。私の書き込みは、私のブログを呼び出しただけで監視・管理の対象とされていると認識せざるを得ません。ちなみに昨日、埼玉県警のPCによるブログ呼び出しで、公開規制の事実が確認されました。私のブログは使用不能です。本件書き込みが日本防衛の軍事機密に関わるとするなら、私はメインのプロフイールに住所・生年月日・メール・アドレスに至る迄公開している。削除の説明、若しくはこのアイデアに関する交渉は何時・誰でも可能な状況にある筈である。宜しくご後援を賜りたくお願い申し上げます。
確認を願う相手方。内閣府・防衛庁。安部・中川・麻生・各議員3氏。

この記事へのトラックバック

  • 「「民主党のここだけはイヤ」について」について

    Excerpt: 「「民主党のここだけはイヤ」について」について ご迷惑をおかけしました。本日で書き込みの限界に来た様です。暫くの間でしたが、 良き人たちにお会い出来た事に感謝致します。例えリターンバックが不可能で.. Weblog: *自由の翼*ITUKYUU racked: 2006-05-14 16:03
  • 「縁」に就いて(5) 金子智一、佐藤嘉尚

    Excerpt: ★前回の中山正男の記事で、中山氏の義弟という事で、少しだけ触れた金子智一氏に付いては、伝記本があるので、その事跡を詳細に知ることが出来る。 2003年末に平凡社から出版された、 「歩々清風、金子智.. Weblog: 佐久間象川 racked: 2006-10-05 03:29
  • 人間の評価に付いて(6)秋の叙勲

    Excerpt: 本日2006/11/03、秋の叙勲(4028人)が発表された。 春の叙勲の時の感想は、「人間の評価」に就いて(4)春の叙勲[B-39] 、に書いた通りである。 Weblog: 佐久間象川 racked: 2006-11-04 19:42
  • 外国人の叙勲に異議あり!

    Excerpt: 勲一等旭日大綬章 Weblog: 東郷 幹夫の思いつくまま日記 racked: 2007-05-11 19:42
  • 「美しい国」への提案(4):叙勲の話[a]

    Excerpt: 「美しい国」を作るための提案(4)      叙勲の話[a] Weblog: 変人キャズ racked: 2007-05-25 22:26
  • 「美しい国」を作るための提案(5)

    Excerpt: 「美しい国」を作るための提案(5)      叙勲の話[b] Weblog: 変人キャズ racked: 2007-06-11 03:28
  • 人間の評価: (7)秋の叙勲・栗林忠道②

    Excerpt: 昨年末(2006/12/25)の新聞報道で、栗林の生家の土蔵から少年期の資料が発見された事が報じられ、その記事に、ノンフィクション作家の保阪正康氏が、 「栗林がどの様に精神形成をしたかが、良く分かっ.. Weblog: 佐久間象川 racked: 2007-10-21 21:57
  • 秋の叙勲に思う

    Excerpt: 恒例の通り、本日、文化の日に、秋の叙勲が発表された。 佐久間先輩は春秋の叙勲にかなり拘っていて、 今迄にそのブログに、関連記事を幾つか書いてきた: Weblog: 変人キャズ racked: 2007-11-03 15:11
  • 2008秋の叙勲を見て

    Excerpt: 毎年、11月3日の新聞には秋の叙勲のニュースが載る。  その記事は年々小さくなり、目立たなくなって、今年は新聞に依っては一面の記事目録にも載っていない有様である。 我々の仲間は政府の行なう授賞、叙.. Weblog: 変人キャズ racked: 2008-11-03 08:47
  • 2009春の叙勲を見て

    Excerpt: 我々の仲間は、政府の行なう授賞、叙勲などの現実には大層不信を、持っている。 その為に、今までに仲間たちはその関連記事をかなり書いている。 文末に、仲間の今までに書いた、関連記事のリストを、 キャ.. Weblog: 佐久間象川 racked: 2009-04-30 02:12
  • 金子きみ氏の戦中回想記事(2)

    Excerpt: 太平洋戦争末期の、東京脱出時の金子親子の出来事を、前回紹介した。 昔の社会は、あのようであったことを、現代人は理解できるだろうか。 戦災孤児・五郎君も、その五郎君に雅昭君を託した避難家族も、きわめ.. Weblog: 佐久間象川 racked: 2009-08-12 03:33
  • 2009秋の叙勲を見て

    Excerpt: 例年通り秋の叙勲が、11/3日付けで政府から発表された。 叙勲受章者4024人(うち女性318人)である。 最上位である大綬章が12人で今春よりも3人多いのが目立つが、8月の衆院選を機に引退した議.. Weblog: 変人キャズ racked: 2009-11-10 05:08
  • 現政権と、2010春の叙勲

    Excerpt: 半年前に政権交代が行われて、半世紀に亘る政財官もたれ合いが   改革される、と期待された。  行政にメスが入るようになり、   行政刷新会議が、独立行政法人を対象にする、「事業仕分け」     .. Weblog: 佐久間象川 racked: 2010-05-06 17:39
  • 2010秋の叙勲と褒章(3)

    Excerpt: 今秋はノーベル化学賞の嬉しい話題があったので、その記事を    書きたいと思ったが、どうせ近日中に叙勲の発表が    あるので、それを纏めて「叙勲と褒章」のテーマで    一連の記事、にする予定.. Weblog: 佐久間象川 racked: 2010-11-05 19:08