佐久間象川

アクセスカウンタ

zoom RSS 「人間の評価」に就いて(5):堀直虎

<<   作成日時 : 2006/05/24 05:51   >>

トラックバック 6 / コメント 2

日本の独立を護った、忘れられた功労者の、松代藩主、真田信濃守幸貫の話を、「人間の評価」に就いて(1) に紹介した。
今回は、同じく、幕末の動乱期、大政奉還に際し、(例えば、近年のユーゴの様な)泥沼の内戦の発生の防止に貢献した、堀直虎の紹介をする。

堀直虎は、信州・北信濃の須坂藩主である。 藩主と云っても一万石の小藩であるが、この頃直虎は、幕府では若年寄兼外国総奉行の要職に就いていた。
鳥羽・伏見の戦いに敗れた徳川慶喜が大阪から江戸に帰り付いたのが、慶応4年(1868)1月12日であった。
京都の新政権は、慶喜追討令を発した。

堀直虎は登城すると、将軍にも大勢の赴く所を説き、江戸城内で朝廷に従うよう意見を述べたが、騒然とした空気は静まらなかった。 数百の諸大名も、数万の旗本達も世襲制で凡庸な人物が多く、無見識であった。
幕閣には、薩長が徳川家を逆賊呼ばわりする事に、憤懣やるかたない思いの者も多く、大軍を挙げて西上を図る主張もあった。
主戦論者の榎本武揚や大鳥圭介のその後の行動を見るにつけても、当時の日本は本当に内戦の可能性のある、大変な危機に直面していたことが分かる。

論議の席に居て所信を尽くした直虎は、黙って座を離れると廊下に出た。 そして白装束に姿を改めると自刃した。

 この時、彼は未だ32歳であった。

直虎の諫死は、その場で直接には物を決めなかったが、無駄ではなかった。  諸大名に強い衝撃を与えた結果、その後の論議に的を絞らせた。
3月になると、首脳部は恭順論に向かった。

勝海舟は、直虎の死後は「諸官大いに沈着し浮躁の風止む」と書いているから、その流れを作ったのは直虎であったろう。

江戸城を無血開城して、大江戸を戦争の惨禍から救った人物として、勝海舟の名は知られているが、その海舟が直虎の死をこの様に評価しているのである。



その海舟と、北信濃{佐久間象山、惹いては真田幸貫}、との関係は、「人間の評価」に就いて(1) 、に紹介した。

真田幸貫と、堀直虎とは、共に
@山国である北信濃の小藩の領主であり、
Aそれにも拘らず幕閣の要職に付いていた。
B国難を乗り切るのに大変な貢献をしているのに、
Cその後の歴史でその功績を忘れられた。
D佐久間象山が洋服姿で馬に乗り京都の街を往来して尊攘派から嫌われたのは良く知られているが、堀直虎も自藩に洋式兵制を取り入れ、藩兵の小銃訓練を強化し、自身はカメラを買い込んでいたハイカラであった。

海に面しない山国の信州が、これ等の先見性を持って、日本の国難を救った人材を生み出したのは面白い。
と同時に、僅か一世紀一寸前の事なのに、これ等の人達の名前が、(勝海舟以外は)、殆ど忘れられている事実も、教訓的である。


明治維新前後の空気が残り、須坂の地方の記憶が鮮明な中で書かれた、堀直虎の紹介資料「碧血碌」がある。
明治35年に信濃毎日新聞記者冨田松北が「正気」第19号の付録として書いたもの。
これは古いもので入手困難だがこれと、須坂中学校初代校長の岩崎長思が昭和10年に書いた「堀直虎公伝」の2冊を取り纏めて復刻した出版物が、平成元年に須高郷土史研究会で作られたものが資料として存在する。
なお、「碧血碌」の発行人が梅本倉冶であるのは留意する要がある。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(6件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「縁」に就いて(1)
★北信濃の善光寺平を中心とした地域で、戦前、戦中の生活状況だとか、民話、民謡、などの伝習を当時の記憶の残る古老に語って貰い、書き綴った記録文集が、地元の主婦達に依って作られた。 題して、「おばあさんの話」という。 ...続きを見る
佐久間象川
2006/06/21 06:30
長野で石積みの六角形墳が初出土
 千曲市の倉科で全国では初めて石で積んだ六角形墳がめっかったらしい。  長野県はけっこう古墳や遺跡の多い所なんだけど、どちらかといえば縄文のものが多かったような気がする。 で僕が感心があるのは、岐阜の北から長野ってのは縄文人と弥生人が鬩ぎ合った境界で、縄文人の古墳からは鏃が刺さったままの頭蓋骨とか出てきてるみたいなんだね。 それがこれより北や東に行くと無い。 ...続きを見る
佐藤 健の溶解する日本
2006/09/20 10:59
人間の評価: (7)秋の叙勲・栗林忠道@
昨年、▲人間の評価に付いて(6)秋の叙勲、を書いて、もう1年経った。 間も無くまた、秋の叙勲の時期である。 今回は、硫黄島総指揮官であった栗林忠道大将に付いて、記事を書きたい。 ...続きを見る
佐久間象川
2007/10/21 18:41
『堀直虎公伝』復刻版
先日、須坂市(長野県)に行った時に貰って来た資料を見ていて、 Alpsさんは長野との連絡が良いので、この様なこともよく承知しているのだろうなあ、と思いながら読んでいたのだが、 念のためにご連絡します。 万一、ご存じなければ非常に惜しい、と思うので。 ...続きを見る
二人のピアニストに思う
2009/02/11 10:24
開国の歴史、補足
20世紀の歴史の重大な場面に於ける、 先見性を持った人物の行動と、それに対する社会の評価を、    ▲日本人と先見性:[B-158] に、佐久間氏が書いている。 これを見て、気になったのは、 明治の開国前の重大な場面で働いた人物として、   これも佐久間氏が以前[2006/03/11]に書いていた   真田幸貫のことだ。 ...続きを見る
変人キャズ
2011/08/21 04:27
幕末の開国事情
第二の開国とも云われる太平洋戦争終結の事情の話題を前回記事に取上げたので、今回は第一の開国である幕末の開国事情を取上げる。 これについては、佐久間氏が以前[2006/03/11]にブログに書いていた、真田幸貫の功績がある。 あの記事:    ▲ 「人間の評価」に就いて(1)真田幸貫:[B-28] に書かれていたのは、1842(天保13)年7月に、幕府がそれまでの外国船打ち払い令1825(文政8)年を改めて、「薪水令」に切替えた件の、歴史的評価について、である。 これにより、当時の中... ...続きを見る
変人キャズ
2011/10/05 23:46

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
事態の認識の甘い者ほど、勇ましく歯切れの良い発言をする。又追随する者が多いのも事実である。認識の深い者ほど其の解決法まで想いを致して一瞬歯切れの悪い発言になるか又は体制(大勢)に棹差す発言になる事は、会議の場所などで随分と思い知らされた経験がある。
本論はそんな事を彷彿と想起させる。事態を冷静に分析し、対処に就いて命を掛けて発言した先達のあった事に言い知れぬ感動を覚え、我が郷土にこのような一般的には無名の偉人が居た事を誇らしく思う。
Alps
2006/05/25 08:15
この記事を見てY君と話す内に、O教授の話になった。
私の記事「歴史認識(2)」http://blog.goo.ne.jp/gookyaz/e/9a1a0c7eb94190b650a75b2fb12c8268
に書いたO教授の事である。 O氏は優れた研究業績を評価されてニューヨーク大学の教授を永年務めている時に、Y君の大学に迎えられ、日本に来て、私の書いた様な目に会ったのである。
文革も大学紛争も昔話になった現在、あの大学にいる教授達も、O氏の事は知らないであろう。 現在の日本人の殆どが堀直虎の名を知らないように。
二人のピアニスト
2006/05/25 13:04

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「人間の評価」に就いて(5):堀直虎 佐久間象川/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる