腹立たしい「自営医師所得」

前回記事: ★遭難事故の多発(続):[B-129]、 は、
   ヤン・デンマンの「東京情報1190号」を、ピアニスト氏に
   教えられて、読んだことが動機で、書いた。
その時に、東京情報の「1165号」、「1196号」も、
   目に付いたので、 今回のエントリー、を入れて置く。

本記事の内容は、その「東京情報1196号」
      (1984・3・1週刊新潮)、の単なる紹介
である。
   新しい情報はなくても、昔この記事を週刊誌で読んで
   共感した人も、 忘れていた共感を思い出すだろうし、
   また、これを26年前には読まなかった人にも、
   それなりの意味はあると思う。

現今の医師の世界、特に勤務医の問題、専門別の問題は、
      26年前とは、様変わりしている。  しかし、
   此処に指摘されていた諸問題を生じた、政治的、
      社会的構造の問題は、当時と変わっていない。

むしろ、ヤン・デンマンのような、辛口な評論家が居なく
   なったこと、 政治家が往年よりもさらに、小粒に 
   なったこと、などが問題解決を、絶望的にしている。

このテーマは、我々仲間は非常に気にしている問題で、
   何度か似た内容を、それぞれが書いている。 それで、
   私としては、 この記事を今までに何編か書いた、
   “腹立たしいことシリーズ”  に入れておく。

          ★ ★ ★ ★ ★

傲岸無礼、傍若無人という言葉の生きた見本のような、
   やくざ顔負けの大親分に牛耳られていたとき、
   ならともかく、あの大ボスがやっと居なくなったというのに、
   日本医師会の体質は、少しも変わっていない
」、
    との書き出しで始まる、「東京情報1196号」、である。

それによると、(日医・自民党員総引き上げも)
   という2月17日付けの五段抜きの見出しの新聞報道
   があり、 国民の合意である健康保険法改正に、
   医師会が反対だ、という。 
   サラリーマンなど健保本人の一割自己負担が制度化
   されると、受診抑制につながる、というのが理由、だ。

ヤン・デンマンの推理によると、「医療破壊」、と云って
   医師会が改正反対を、これほどヒステリックに騒ぐ
   のは、本音のところは、自分たちの「利益破壊」、
   と云いたいのだろう、という。
   患者の一割自己負担が実施されると、今までのように
   水増し請求が出来なくなるからだろう、 という。

医師会のヒステリックな反対の報道記事のあとで、
   渡辺美智雄・自民党幹事長代理が
     「理不尽だ、武見が生き返ったのか!」
   と叫んだことが、 新聞では報じられている、という。
   現在の“みんなの党”・党首の、尊父である。

         ★ ★ ★ ★ ★

その理不尽の結果が、▲医師不足の原点 :[B-102]、に繋がって、
   2007年度の定員はピーク時(1984)よりも8%少ない
   7625人で、 人口1000人当たりの医師数は2.0人で、
   OECD加盟国中で最低レベルになった。

厚生労働省が初めて行った、「必要医師数実態調査」
      (6/1時点)の結果は来月末に纏まる筈だが、
   医療機関で実際に働く医師数が、約16万7000人
   なのに対し、更に2万4000人(14%)が必要である。

2010には医師不足は解消すると言って、削減方針を
   変えなかった政府も、流石に、2008/6/17の閣議決定で
   『医学部の定員削減を定めた97年の決定を見直す』
   まで、 「理不尽」が続いた。

         ★ ★ ★ ★ ★

当時の医師連盟は、17万7千人の医師の集団だが、その内
   12万6千人が、自民党員だった。
   それは医師の殿様商売を保証し、政権政党の自民党を
   恫喝さえすれば、何でも云うままにさせる、
   最大の圧力集団であった。

例えば、医師の所得は、1960年代までは勤労者所得の4倍
   と云われていたのに、1983年には6.5倍になった
          (正しい申告をしているとしての数字)。
   一流企業の社長の所得が、平均給与所得の3倍くらい
           なのに、 である。
   その上、78%という税金の優遇措置を受けているのに、
   脱税を励んできたところ、健保法改正で甘い汁を吸えなく
   なりそうなので、法改正への反対をする訳である、
           と「東京情報1196号」は、解説する。

医師の裕福さについては、 「東京情報の1165号」にある。
   国税庁が発表した「脱税ワースト番組」で、8年連続一位の
   個人病院を筆頭に、4位、9位、10位、14位、16位、と
   開業医がずらりと並ぶ。
自営業者の1981年度のごまかし所得の「平均ごまかし額」は
   333万円で、サラリーマンの平均年収309万円を上回る。

日本は乱診乱療が多く、単なる風邪の診療代がドイツの倍である。
   日本の人口当たりの医師の数は、伊、独、米・・に比べて
   少なく、主要国の中で第六位だが、札束にモノを言わせて、
   ドラ息子を裏口入学させてきたツケが回って、
   病院や開業医の倒産件数も急増している。
   その現実を作ったのが、医師会、である。 政治の利用の
      仕方として、 一番卑劣で、きたない手口である。
   政治の泥水の中に、これだけどっぷり首までつかった
   団体は、 他のどんな業種でも、ないんじゃないか、
              と「東京情報1196号」は解説する。

          ★ ★ ★ ★ ★

なお、現在の医師の状況は些か変化しているし、特に勤務医は
   過酷な状況に耐えているのを評価しなければならない。 
   しかし、医師でも医師会に加入している主体は
   開業医であり、開業医の処遇は、余り変わっていない。

例えば、21世紀に入った2001年の時点で医師優遇税制は、
   医療保険から支払われる診療報酬で、
   ①事業税は収入全額を非課税とし、
   ②所得税は収入に応じて57~72%の経費率を設定して、
        実際の経費とは無関係に控除される。 参照:
      ★ ” 長妻厚労相に拍手:[L-43]:[09/11/3]

          ★ ★ ★ ★ ★

此処にあった一節は、2010/10/15 に、
▲  医師不足の原点(続):[B-138]:[2010/10/15]、 に、移動した。


これまでに書いてきた、“腹立たしいことシリーズ”には、以下のモノがある。
   ★ 腹立たしい「NHK・竜馬伝」:[B-120]
   ★ 腹立たしい「法科優遇」:[B-121]
   ★ 腹立たしい「布川事件」処理:[B-122]

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 医師不足の原点(続)

    Excerpt: 医師不足については、今までに二度、記事を書いているが    ▲ 医師不足の原点 :[B-102]:[2009/11/2] は良いとして、その補足の意味を持つ記事    ▲ 腹立たしい「自営医師所.. Weblog: 佐久間象川 racked: 2010-10-15 03:48
  • 開業医の高収入

    Excerpt:   ▲医師不足の原点 :[B-102] [2009/11/2]   ▲腹立たしい「自営医師所得」:[B-130][2010/8/30]   ▲昔のダンスホール(2):[A-32] などの、私等の仲間が.. Weblog: 晩秋 racked: 2010-12-25 16:08
  • (独り言56)「ドジな男」

    Excerpt: 「ドジな男」                     81.2.28 Weblog: 変人キャズ racked: 2010-12-27 02:32
  • 開業医の高収入(続)

    Excerpt: 旧い新聞の切抜きを整理しているうちに、    目に付いた記事が有ったので、以前に書いた      ▲ 開業医の高収入:[L-69] の補足の意味で、披露する。 1977/2/17に文部省の公 .... Weblog: 晩秋 racked: 2011-02-15 02:27
  • 開業医の高収入

    Excerpt: 我々の仲間のブログで、しばしば開業医の高収入   に関する話題が取上げられているが、恐らく   その種の話題のハシリは、私の      ▲ 「所得番付に思う」:[C-37]   だったと思う。.. Weblog: 変人キャズ racked: 2011-02-23 21:53
  • 「お医者様優遇税制」

    Excerpt: 我々の仲間は以前から、開業医が社会で特権階級的に優遇されていることに不満で、いろいろな機会にそれを訴え、銘々のブログにも書いてきた。 しかし、各種メデイアなどでは一向に取上げなかったのだが、 今週の週.. Weblog: 二人のピアニストに思う racked: 2011-10-06 19:12
  • 開業医優遇(新聞切抜残骸)

    Excerpt: 前回記事:▲ 新聞切抜きの残骸:[B-162],   に含めるべき事項だが、注釈を述べるために、   此処に別記事として紹介する。 Weblog: 佐久間象川 racked: 2012-01-06 03:58
  • 東北大震災と医師会

    Excerpt: 東北・太平洋沖地震と津波による被害、     福島原子力発電所の災害とその処置、   などで、この一週間は日本全国が     振り回された。 天災による直接の被害以外にも ... Weblog: 晩秋 racked: 2012-01-08 02:11