交通違反の話

二人のピアニスト氏が、船旅の船上シアターで見た、往年の映画の感想を書いている。
 {船旅のご報告(2):[A-42][2007/05/09]}

それに触発されて、変人キャズ君が
 { 映画「哀愁」の話:[C-139][2007/5/15] }
を書いた。


そこで、今度は私がそれを読んで触発されて、書きたくなったことがある。

★ ★  ★ ★  ★ ★ ★ ★ ★ ★

本題に入る前に、キャズ君は自分が都合が悪いものだから、あの記事に書かなかった事を、バラして置こう、と思う。

先ず、キャズ君の自動車運転暦の話をしておく。
彼はバイクの時代から数えて、50年以上の運転経歴、50万キロ以上の道路経歴に於いて無事故、道路交通法違反は2回だけである。
普通は1万キロに一度位、事故か違反が有るのが相場だから、単純な確率計算としては、2万キロの無事故無違反は4人に一人。  3万キロの無事故無違反は8人に一人。・ ・ 。  10万キロの無事故無違反は20億人に一人。
50万キロの無事故無違反は、320億人に一人、の確率である。

これ程の安全運転者である彼が犯した、2回の道路交通法違反のうち1回は、駐車違反。  それも

新宿駅前に自動車を置き放しにして、映画を見に行ってしまった、というのだから、ひどいものである。


彼のブログ記事★{ 映画「哀愁」の話}には、ロンドンから戻ったキャズ君は、日本で「哀愁」の上演が行なわれているのを知り、それを見に行った、
と、サラリと書いているが、実はその時のことである。

英国への出張から帰国して数日後に、車で新宿駅前を通りかかったとき、駅の脇にある大きな映画の看板で「哀愁」の上演中を知り、その場で車を放置して映画館に飛び込んだ。
勿論、ひとたまりも無く、駐車違反でレッカー車で撤去され、罰金を課せられたのであった。


あのブログ記事に記述が欠落しているものだから、私が敢えて補足する次第。

★ ★  ★ ★  ★ ★ ★ ★ ★ ★

本題に入る。 
変人キャズ君が{ 映画「哀愁」の話}、に書いているとおり、
自分では充分に分った心算で居ても、もっとキチンと分っている人から見ると、理解の浅い事、が良くある。

TVのアナウンサーが偉そうなものの言い方をしているが、その人物の底の浅さが見え透けている、などということは、良くあることである


例えば、NHKの将棋名人戦などの司会に出てくる、アナウンサーの棋力の弱さは、良い例である。
重要な局面で、解説者のプロ棋士がある意図を持って話を始めると、自分は棋力が弱いから事の重要性が理解出来ない。
分らない癖に分った様なモノの言い方をして、プロの話を中断させ、脱線させてしまう。

アマチュアでも棋力の強い視聴者は、プロ解説者が何を意図してその話を始めたのかが分るので、見ていて不満である。



あの村上アナのバカが、また邪魔を始めやがった、と言って憤慨する。
然し、当事者の村上アナは自分が至らない事は全く気が付いていないから、何時まで経っても、この事態は直らない。

昔、金田秀信とか、他の、強豪アマチュアが、同じ番組に聞き役に出演していた時には、
実は本人は分っていることでも、シラバクレテ、分らないフリをして質問し、解説のプロ棋士を誘導し、喋らしていた、
のと全く対照的である。


野球の放送でも、自分で喋りたいアナウンサーが、「撃ちました。撃ちました」、とやると、ラジオでなくテレビなんだから、「打ちました」なんて云わなくても分る、と言って怒りながら見ている視聴者がいる、のと同じである。

★ ★  ★ ★  ★ ★ ★ ★ ★ ★

今度のキャズ君の記事を見ると、
あれだけの回数を重ねて「哀愁」を見て、更に多額な交通反則金まで取られておきながら、尚且つ、未だ
「見るたびに、前回まで、気付かなかったこと」を発見する
とは、恐ろしい事である。

 我々は、恒に謙虚であらねばならない、と思う。

"交通違反の話" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント