原発文化人50人斬り

「原発文化人50人斬り」(佐高信著、毎日新聞社刊)
             という本を読んだ。
3.11以来急速に変化した世論の中で、
その前日までの自身の原発評価の発言には頬かむりして
  原発反対を唱える、変節文化人[×]、と、
その以前の辛い環境の中で誠実に生き、現在になって
  みるとその主張の正しさ、或いは賛否とは別に
  誠実さ、が明かになった文化人[○]
の、過去の具体的な資料、が記述してある。

取上げられている人名、を紹介する
私等の老人仲間が書くブログ記事の多くは、その時点での
  事実とか報道で得た情報に基づいての所感を
  綴っているので、当事者のその以前の来歴などは
  知らない場合が多い。
それゆえ、多くの人の過去の事績を承知しておき、
  今後参照するための資料として、この本で取上げている
  人名と、その掲載頁のメモを作って置くことにした。
 (本に索引があったのでなく、私が自分で数え上げた
  リスト、それもただ一度見ただけで作成したもの
  だから、中には私の興味が薄くて拾わなかった
  人名もあるし、掲載頁も見落しもあるだろう。
  それで、[×]が78名、[○]が19名である。)


★ ★ [×:人名の後の数字は関連事項掲載頁] ★ ★
   本書で原発戦犯として、名を挙げられた人物は、

アントニオ猪木(14)、 浅草キッド(16)、 梅原猛(21,32-39)、
江波杏子(87)、 小沢遼子(88)、 小沢一郎(176)、
大宅映子(19)、 大前研一(16,17,59-65)、 大坪弘道(検事179)、
大林宣彦(88)、 王貞治(87)、 大熊由紀子(88)、
岡江久美子(19,87)、 荻野アンナ(15)、
奥村喜和男(官僚144,147)、 勝間和代(16,84)、
蟹瀬誠一(73,88)、 菅直人(77,133,174-7,180)、
ビートたけし(北野武16,17,18,44-47)、 北野大(16)、
北村晴男(19)、 金美齢(73,88)、 木場弘子(19)、
木村剛(194-196)、 草野仁(19)、 小泉純一郎(174,5)、
小宮山宏(21)、 小佐古敏荘(40-43)、
幸田真音(作家、15,83-86)、
近藤駿介(原子力委員長、17,21,170)、
堺屋太一(16,17,20,66-72)、 さかなクン(87)、
佐賀元明(検事179)、 杉山元(144)、 鈴木篤之(170)、
鈴木京香(87)、 鈴木光司(88)、
住田裕子(タレント弁護士、19,139)、
正力松太郎(161-167)、 関村直人(170)、
田原総一郎(21)、 竹中平蔵(190-193)、
寺田農(89)、 豊田有恒(88)、 東京電力(131-158)、
中島健(170)、 中曽根康弘(21,22-31,81,161)、
中畑清(19)、 長島一茂(206)、 西山英彦(170)、
野口健(87,203)、 平岩外四(153-157)、
福沢朗(88)、 星野仙一(19,87)、
弘兼憲史(漫画家、16,20,73-76)、 福島敦子(73)、
藤沢久美(19)、 藤原銀次郎(146)、 古舘伊知郎(194)、
マスメデイア(139,159-169,178、198)、 前田恒彦(検事179)、
班目春樹(21,40-42)、 舞の海(87)、
松本零士(88)、 みのもんた(203)、 三宅久之(19)、
民主党(186)、 茂木健一郎(16)、 森本宏(検事、139)、
薬丸裕英(19)、 山折哲雄(88)、 与謝野馨(21,77-82)、
養老孟司(16)、 吉村作治(19)、 吉本隆明(21,48-52)、
労働組合(137,151)、 渡瀬恒彦(19)、 渡部恒三(21,53-58)、


★ ★ [○:人名の後の数字は関連事項掲載頁] ★ ★
   本書で誠実さを讃えて、名を挙げられた人物は、

井深大(184)、 忌野清志郎(音楽家、128-130)、
池田成彬(147)、 今中哲二(172)、
宇井純(173)、 河合栄冶郎(150)、
木川田一隆(132-133,141,148-157)、
小出裕章(124-127,172)、 郷誠之助(145-148)、
佐藤栄佐久(前福島県知事、137-140,201)、
ゾルゲ(144)、 高木仁三郎(92-114)、
高橋是清(148)、 原田正純(173)、 広瀬隆(120-123)、
松下龍一(作家、115-119)、 松永安佐衛門(133,141,147,148)、
松村健三(164-167)、 矢次一夫(145-6)、

     ★ ★ ★ ★ ★

社会的に影響力を持つ人の、過去の発言や行動
  を知るための、人物リストとして利用するのが
  目的なのだが、その前提として、
  この本の著者の信頼性が必要だ。
私自身は必ずしも本著者の佐高氏に全面的に共感
  するものでなく、思想的にも違和感を持つ部分も多い。

ウイキぺデイアで見ると、佐高信は大学時代から
  ベ平連のデモに加わり、支持政党は一貫して、
  日本社会党(現・社会民主党)である。 護憲運動
  を行なっているが、日本共産党には批判的である
クリーンなタカ派よりは、ダーティでもハト派の方
      が良い
」と、佐高は言い、
  鈴木宗男ら自民党内の左派や、 旧竹下派
  人脈との関係を深め、田中角栄も、
  「ダーティなハト」、として相対的に評価している。

この様に著者が往年の市民活動をしていたような
  人物であるから、
  例えば、菅直人の取り上げ方が希薄であり、
  旧い同志の管が・・などという文章が出てくるので
  分かるように、総理大臣として実に無責任な
  管の所業には、本書はあまり触れないで済ます。
当然、功労者の欄に、力武常次
  (▲伝統文化と常識の変遷(5a) 力武常次 :[B-61])
の名前などは、全く触れられていない


しかし、その点を踏まえたうえで、出版物などの
  資料の存在する事実を記載してある人物リスト
  として利用するのには役立つと思う。


「一億総懺悔的に戦争責任をなし崩しにする言い方
  には賛成できない。 被害が広がり長期化すると、
  加害者が救世主の如き顔をしたり、被害者の如き
  顔をする例が出てくる」、
という著者の言い分には、全く同感であるが、
   佐高氏が信奉する社会党とか新左翼が
   正にその問題児、であるのが可笑しい。
  {キャズ君が、▲ 60年前の回想(3):[C-204]
            に書いているように、}

しかし、その佐高氏の作った資料でも、著名人の
  過去の発言とか行為の記述には出典が示されて
  いるのだから、利用価値は十分にあると思う。


     ★ ★ ★ ★ ★

私ら老人仲間の、この問題(原発事故の
  対応の人的問題)に関するブログ記事として、
  これまでに公開されたもの、としては、
▲ [2011/6/7] : 私が総理ならば:[A-133]
▲ [2011/6/18] : 私が総理ならば:[A-134]
▲ [2011/6/23] : 他者の苦しみへの鈍感さ:[A-135]
▲ [2007/09/01]: 伝統文化と常識の変遷(5a) 力武常次 :[B-61]
▲ [2011/3/17] : 福島原子力発電所の事故処理:[B-150]
▲ [2011/3/21]: 福島原発の事故処理(続):[B-151]
[2011/5/24]:原発謝罪の歴史:[B-154]
▲[2011/8/24]:原発事故の対応に驚く:[B-159]
▲[2011/3/30]:巨大地震と第3の維新(1):[C-246]
▲[2011/3/30] : 巨大地震と第3の維新(2):[C-247]
▲[2011/4/6] :巨大地震と第3の維新(3):[C-248]
▲[2011/4/22]: 「科学技術過信の果て」ではない:[C-250] 
▲[2011/5/15]: 「科学技術過信」ではない(続):[C-251] 
▲[2011/9/5] :稲むらの火と古賀茂明:[C-260] 
▲[2011/5/7] :放射能汚染と病院の不徳義:[L-76]
▲[2011/6/18] :原発翼賛派批判:[L-78]

などがある。
若しも、今回読んだ本で修正すべき箇所があれば、再検討しなければならない。

"原発文化人50人斬り" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント