文系なので分からない

「私は文系なので、原子炉技術のことは、分からない」        という話は分かる。 しかし、   その分からない人、がなぜ、「原子炉技術の安全性に        責任を担う重要な職責を任されるのか」、   また、それを、本人も引き受けたのか、               が分からない。 3/11原発事故からもう一年近くも経…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

汚い清盛のワケ

NHKの大河ドラマで最悪の不出来だったのは一昨年の    「竜馬伝」であった。    ▲ 腹立たしい「NHK・竜馬伝」:[B-120] に書いた通りである。  ところが今回の「平清盛」が何とも、          あの「竜馬伝」とよく似ているのだ。  NHKの大河ドラマ担当には、この様なものを以て良しとする    オカシナ感…
トラックバック:3
コメント:3

続きを読むread more

武野・武治

今年の新年の感想、いや日本が大変な目に遭った昨年の   年末の感想、を我々の老人仲間たちが語るのを聞いて   いると、一つの共通な思いが滲み出ているのに気付く。 戦中、戦後にそれぞれの職分で働いてきた結果が      現在の21世紀を迎えた日本の姿であることに、   「こんな筈ではなかった」との思い     を抱いていること…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

新年の所感

皆さまのブログを見ると、  Alps氏は:    ▲ 年迎う ピアニスト君は:▲  年頭のご挨拶:[A-144]:[2012/1/9] 晩秋氏は:    ▲ 年初に思う:[L-88][12/1/23]       と、新年のご挨拶をしている。 キャズ君だけは相変わらずで新年早々に喧しい教育政策批判            ▲ …
トラックバック:2
コメント:3

続きを読むread more

開業医優遇(新聞切抜)補足

前回[2012/1/6]、の記事:▲開業医優遇(新聞切抜残骸):[B-163]、にコメントを頂いたので補足をする。 [2011/12/26]の新聞を開いて見ると、確かに私が見逃して  いた記事はあった。 「診療報酬改定」という標題である。  12年度の報酬改定を決着させた小宮山洋子厚生労働相  が成果を強調している、との内容…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

開業医優遇(新聞切抜残骸)

前回記事:▲ 新聞切抜きの残骸:[B-162],   に含めるべき事項だが、注釈を述べるために、   此処に別記事として紹介する。 ● 2011/10/29 の新聞記事 : 医療保険の診療報酬優遇制度で、08~09年度に   述べ約1650人の医師の所得税、計約32億円が軽減   されていたことが、会計検査院の調査で分か…
トラックバック:3
コメント:3

続きを読むread more

新聞切抜きの残骸

老人は何も発言しなくても,静かに余生を楽しんでいれば よいのだが、“スズメ百まで“で、持って生まれた性分は 直らず、テレビを見たり、新聞を読んだりするとつい、 それに関連して自説を披露したくなる。  特に昨年は多事な一年だったので、関心のある事項 についての新聞を切り抜いておいて,機会を見てブログ記事 に…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

原発御用学者のネーミング

昨今の「ゆとり世代」と呼ばれる若者社会人は、現代の大人たちから見ると、いろいろと幼さを感じる世代である。 70年代に、詰込み教育の弊害が論じられて学習内容を減らすように指導要領が改訂され、90年代には学校五日制になった教育制度、の中で育ってきた世代が彼等である。 ところで、戦後の日本を復興させた世代は、殆どの人が   小学校だ…
トラックバック:2
コメント:1

続きを読むread more

原発文化人50人斬り

「原発文化人50人斬り」(佐高信著、毎日新聞社刊)              という本を読んだ。 3.11以来急速に変化した世論の中で、 その前日までの自身の原発評価の発言には頬かむりして   原発反対を唱える、変節文化人[×]、と、 その以前の辛い環境の中で誠実に生き、現在になって   みるとその主張の正しさ、或いは賛否と…
トラックバック:6
コメント:3

続きを読むread more

原発事故の対応に驚く

福島原発事故への対応の初動の詳細な様子が次第に判明してきた。 政府の事故調査・検証委員会の当事者への聴き取り調査の経過メモが8/16に公表されて、過去の安易な原子力政策のツケが初動の非効率を齎したのが良く分かる。 それと同時に現在でも、”まだ分かっていないのか”と、呆れることが多いのも分かる。 例えば、汚染水を海洋放出したときに近隣諸…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

日本人と先見性

ユダヤ人救済への貢献が世界で評価された唯一の日本人   である杉原千畝を、日本はどのように処遇したかを      ▲日本の国際化と杉原氏:[B-157 ]、 に書いた。 地震予知に確率論を持ち込む着想を1970年代に提唱した   力武常次を、日本はどのように処遇したかを      ▲常識の変遷(5a) 力武常次 :[B-61]…
トラックバック:9
コメント:0

続きを読むread more

日本の国際化と杉原氏

「ユダヤ人大虐殺の証人、ヤン・カルスキ」      (ヤニック・エネル著、河出書房新社)    という本の書評を、新聞で目にした。 第二次大戦の始まりまで、ポーランド国内のユダヤ人は   約350万人居て、米国に次いで世界で二番目に多かった。   それが戦争が終わったときには生存者が25万人だけだった。   1939年の…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

裁判所と原発

毎日新聞6/5日号に、伊藤正志論説委員の書いている   記事のメモを此処に残しておく。   「裁判所は原発と向き合ってきたか」、という題で   反射鏡欄に載ったもので、データが貴重なので、   見易く残しておく必要がある、と感じた。 原発を巡っては、約40年前から全国各地で訴訟が起こされ、        安全性への疑問を、法…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

再度、“文系と理系”

▲ 福島原発の事故処理(3):[B-152] に述べた文系と理系の問題は、私の主観ということでなく、    誰の目にも明らかな型で、表面化してきたのには、    私自身が驚いた。 福島原発の事故発生直後の対応を巡って、事故後    2カ月以上も経っているのに、当事者の間で、    言った言わない、のゴタゴタが続いていた。…
トラックバック:5
コメント:1

続きを読むread more

原発謝罪の歴史

★ ★ ★ 報告書生きず ★ ★ ★ 原発事故について、政府は事故調査検証委員会の    設置を5/24に閣議決定で決める予定だという。 既に今までに、経産省・原子力安全・保安院、     内閣府・原子力安全委員会、 原子力安全    基盤機構、などと、似た名称だが、    夫々の存在理由も、守備範囲も、定かでない …
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

錯覚の科学とエルマン事件

新聞の書評を見ていて、    「錯覚の科学」  (クリストファー・チャプリス/ダニエル・シモンズ、文芸春秋)、     という本の存在を知った。 書評の標題、「脳はなぜ物事に因果関係を見出すのか」、   が、内容を言い尽しているように感じるほどに、   書評自体が、「わくわくしながら読むような面白い」記事     となって…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

福島原発の事故処理(3)

長らく週刊誌を読む習慣が無くなっていたのだが、   久しぶりに、週刊文春4/7号を見て、嬉しくなった。   テレビ、新聞を見ていて、アナウンサー、記者の   無知・不勉強に腹を立てていたが、この週刊誌   には未だ、往年のジャーナリストの精神が活きていた。 但し、その姿勢は評価するが、記事の主張には   賛成できない部分が…
トラックバック:4
コメント:1

続きを読むread more

福島原発の事故処理(続)

前回の記事では、私は前日来行われている原子炉事故対策   をテレビ報道で見ていて、気が気でなかったことを書いた。  私の心配は、燃料被覆管の破壊  → → →    炉心や、使用済み核燃料保存場などの水不足の対策    として放水車で給水する計画が進行している模様だが、    放水の機械的衝撃で、燃料被覆管が破損して、   …
トラックバック:5
コメント:1

続きを読むread more

福島原発の事故処理

今回の3/11日の東北地方・太平洋沖地震   の影響による、福島原子力発電所の事故は、   従来の常識を超えたところで起こっている。 それならば、その対応も、従来の各種前提常識   を超えた対応、が必要であろう。 例えば、山道を運転して降りてくる時に、急に   車のブレーキが利かなくなったとする。   こうした時には、…
トラックバック:9
コメント:4

続きを読むread more

田中角栄とオバマ

田中角栄という総理大臣は,、かなり評判の悪かった   人物だが、後世の評価はきっと違ったものになる、   と私は思っている。   太平洋側の東海道沿線と比較して東北、北陸の   住民が、陽の当らない政治処遇を受けていたのを   正そうとしたのは、戦後では田中総理だけだった。   その手法を巡って揚げ足を掬われたが、  …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

注射液のガラス粉

又しても、旧い新聞記事切抜からの問題である。 1978/6/28の日本工業新聞に、「正義感とネック」   という標題で、注射液のガラス粉の問題が            取上げられていた。   この記事の問題提起によって、その後   この事態が解決して現在は心配ないのか、   または、問題はそのまま残っているのか、   私は…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

センター試験

本日1/15からセンター試験が始まる。   これの前身の共通一次試験が構想された時には   識者の猛反発があったが、それら正論を押し潰して   この悪制が定着した現在、当時の事情を知る者は   後期高齢者だけ、となった。                   参照:      ▲「大学入試に思う」:[C-12]       …
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

新大河ドラマ「江」

NHK大河ドラマ「江」の第一回放映が1/9に行われた。 前回の「竜馬伝」の大変な悪評は、流石に鈍感なNHKをも   反省させたらしくて、今回は安心して見られそうな気配、である。 最近のNHKが放映したドラマについては、      ▲腹立たしい「NHK・竜馬伝」:[B-120]      ▲ 朝ドラ「ゲゲゲの女房」:[C-2…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

学者とメデイアの責任

▲ 「ジャーナリズム」の罪と罰:[B-144]、  に書いたのと   同様な発言が、かつてジャーナリズムの内部からもあった   ことを知ったので、此処に書きとめて置く。   田勢康弘氏の著書:「政治ジャーナリズムの罪と罰」   (1994年2月) {▲ 「報道」の罪と罰:[L-67]}   から10年後になるが、   毎…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

「ジャーナリズム」の罪と罰

晩秋氏が、田勢康弘氏の著書:    「政治ジャーナリズムの罪と罰」(新潮社、1994年2月) を紹介している:▲「報道」の罪と罰:[L-67] この本は、私も所持しているが、元々は「フォーサイト」誌に    1992/10号から1994/1号に亘って掲載された文章に    手を加えたものであるから、 当時の知識人には  …
トラックバック:4
コメント:1

続きを読むread more

ノーベル賞関連の話題

ノーベル賞に関連する話題、を補足しておく。 湯川先生の受賞に感動した世代の人間には常識   だったが、、最近の日本人は、この辺のことも   あまり知らないようで、前回の記事についても   変なメールを貰ったりするので、   本にあることだが、此処に書いておく。 アルフレッド・ノーベルは、1833年にストックホルム   …
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

2010秋の叙勲と褒章(3)

今秋はノーベル化学賞の嬉しい話題があったので、その記事を    書きたいと思ったが、どうせ近日中に叙勲の発表が    あるので、それを纏めて「叙勲と褒章」のテーマで    一連の記事、にする予定で居た。 ところが、「叙勲と褒章」(1)、(2) の記事を公開したところで、    思い掛けない経緯で小旅行に出掛けることになり、 …
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

2010秋の叙勲と褒章(2)

今回のノーベル化学賞には、従来と些か違う情景があった。    ノーベル賞級の大きな業績には多くの場合に、    受賞者の他にも、同時期に殆ど同様な業績を挙げていた    人物がいるものだが、今回はその人数が極端に多かった。 受賞理由は、「有機合成におけるパラジウムを触媒に使った       クロスカップリング」である。   事…
トラックバック:6
コメント:0

続きを読むread more

2010秋の叙勲と褒章(1)

叙勲とか褒章とかについて、我々年配の世代は関心があったが、    現代人はあまり興味がないようだ。 何故そうなったか、    その辺の問題を、二年前にキャズ君が書いていた:      ▲ 2008秋の叙勲を見て  : [C-173][2008/11/3]  社会的に見て望ましい人物への叙勲、表彰が無かったり、    政府が贈…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

「司法」と「報道」(6)

太平洋戦争の戦没者の概数が310万人であることが発表 されたのは1963年、東京オリンピックの開催された前の年だが、 それまで、政府は何をしていたのだろう。 その7年前には、「もはや戦後ではない」と宣言していた。  政治家、官僚にとって何が大切なのかが、民衆とこれだけ隔絶している。  ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more