佐久間象川

アクセスカウンタ

zoom RSS 衝撃の体験

<<   作成日時 : 2013/02/04 04:57   >>

トラックバック 0 / コメント 1

年齢的に自分が老境に入っていることは、充分に承知
  しているし、 周囲の人が、「御若い」、と云う時には
  「年齢の割には」、の前置きが省かれていることも
       「理解している心算」、であったが、
 その「心算」が、ものの見事に 砕かれる経験 、
                    をした。
入学、卒業、結婚、などと同等の、人生における一里塚
  として、記録を残して置かねばなるまい。

      ★ ★ ★ ★ ★ ★

数日前に、満員のバスに乗り込んだ時の事である。
平素の通りに定期券を提示しながら乗車。
立っている多数の乗客で通路が一杯だったので、
  運転手席のすぐ後ろ脇に立ち、吊革に手を掛けた時に、
       運転手が振り向いて、私に
 「座らなくても大丈夫ですか」 、と云った。
     こういうことは初体験、である。

私が希望すれば運転手が乗客に声を掛けて誰か席を
譲ってあげて下さい、と云う心算だったのだろう。 
乗車するときの私の歩行が、それ程に危うく見えたのだろうか。
車内で私が立っているのが、それ程に頼りなく見えたのだろうか。
些か重い荷物を持ってはいたが、歩行に困難を感じる程の
  重量でもない。
街頭でよく見かける老人の姿、 (見ていても
   危なっかしい歩き方をしている、あのような姿)、 に
  自分が見られている、 とは考えても居なかった。

自分では自覚していないが、他人から見ると、
  俺も、あの様な歩き方をしているのだろうか
これは大変なショックであった。


実は私は電車、バスなどで座席を譲られるのが嫌い
  なのである。
  健康法のために乗り物の中で立っている、
    なんて心算は全くないし、空き席があれば座るが、
    狭い場所を詰めて貰って座る気は無い。
  既に座っている人がわざわざ立って席を空けてくれる
  のでは申し訳ない、と感じるのである。
でも何かのハズミで席を譲ってくれる人がいた場合には、
  辞退したりせずに、礼を言って座るようにしている。
  時々、席を譲ろうとした人が却って妙にバツの悪い思いを
  する場面を見たりするからである。
更に云うならば、私は満席の電車などに乗り込む時に、
  あの辺に行くと席を譲られそうだな、と感じる辺りには
  近づかないように心掛けている。

      ★ ★ ★ ★ ★ ★

今から何十年かの昔のことだが、或る時車内で
  若い人にいきなり席を譲られて
     びっくりした時のこと
 、を憶えている。
老人、婦女子ではあるまいに、席を譲られるとは、
  俺は何歳くらいに見られたのだろうと、驚愕した。
若い時から実年齢よりも老けて見えて、極端な例では、
  17歳の時に40歳に見られた経験はあるが、
  それにしても、壮年期に席を譲られたその初体験は
  衝撃であり、それ以後、
 「席を譲られそうだな、と感じる辺りには近づかない」
  ようになった。

      ★ ★ ★ ★ ★ ★

身辺整理の都合の関係があり、2013年に入って
  年初の挨拶もせずにいたのに、
  今年のブログの初記事が、今回の情けない体験
  の記録であるとは何ということであろう。

そういえば、今年は、戴いたお年玉付き年賀はがきに
  一枚も賞品当選番号が無かった、これも情けない
  初記録である。

キャズ君(▲体罰問題とアルジェリア事件:[C-304][2013/01/29])、も、
ピアニスト君(▲年始のメモ記事(1):[A-162][2013/2/1])も、
今年の初ブログ記事は矢張り元気が無く変調である。 
一里塚効果なのだろうか。
Alps君は元日から元気でいて喜ばしい。(▲青春時代の軌跡:http://hyts-kwhs.cocolog-wbs.com/cogitoergo_sum/2013/02/post-e20b.html#comments)、を見ると、
「疲れる」ことは同じでも、気力、体力が持続している。
 個人差とは大きいものだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
バスに乗るのに定期券をお使いとはお若い。体力・気力が伴わないととてもそうは出かけられない。矢張り体力も気力もかなりなものとお見受けする。
運転手さんの言葉を衝撃的と受け止めるのは、外面的なものまで含めて、その証拠のようなもの。
良く「気力・体力」などと言われるが、「体力・気力」ではないか、「心技体」と言われるが「体技心」ではないかと思っている。
私は、加齢に伴って体の部品もかなり痛んできて、最近では日帰り吟行なら良いが、泊りがけの吟行などは敬遠している。特にこの寒さでは体力だけでなく出かける気力もなく蟄居生活のようなものです。
Alps
2013/02/08 20:32

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
衝撃の体験 佐久間象川/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる